胃内視鏡検査とは

内視鏡検査の様子

先端に小型カメラがついた太さ約9~10mmほどのスコープで、食道・胃・十二指腸を観察する検査です。検査時に粘膜の組織を採取して、正確な診断を行うことができ胃がんの早期発見に役立ちます。胃内視鏡検査は上部消化管疾患の確定診断には欠かせません。

胃内視鏡検査でみつかる疾患

  • がん(胃がん、食道がん、十二指腸がん)
  • ポリープ(胃ポリープ、十二指腸ポリープ)
  • 炎症(胃炎、逆流性食道炎)
  • 潰瘍(胃潰瘍、十二指腸潰瘍)
  • その他(食道裂孔ヘルニア、ピロリ菌感染など)

このような方は胃内視鏡検査を受けましょう

胃がんの発症リスクは40歳を機に上昇します。ですから、40歳を過ぎたら一度内視鏡検査を受けることをお勧めします。
胃がんは、初期には自覚症状がなく、気付いたときには進行してしまっているケースが少なくありません。胃内視鏡検査では、粘膜を直接観察して小さな病変も見逃しません。前がん病変であるポリープをはじめピロリ菌感染や胃潰瘍などを早期発見・治療することで、胃がんの予防につながります。

主な症状から検査を勧める方

  • 吐き気、胸やけ、腹痛がある
  • タール便(黒っぽい便)が出た
  • バリウム検査で要精密検査となった
  • 喉に何かつかえた感じがする
  • 慢性胃炎の方
  • ピロリ菌がいると診断された

症状以外から検査を勧める方

  • 40歳を過ぎて一度も内視鏡検査を受けたことがない方
  • 身内にピロリ菌感染した人がいる方
  • 喫煙や飲酒を習慣的に嗜む方

上記に当てはまらなくても、以前検査を受けた際辛い思いをしてご不安がある方、喉の反射が強く心配な方、検査に関心はあるが初めてで一歩が踏み出せない方は、是非一度外科外来受診し、お気軽にご相談ください。
鎮静剤を使用し、できるだけ検査を楽に受けられるようご対応致します。
検査は、日本消化器内視鏡学会認定内視鏡専門医の資格を持つ医師が行いますのでご安心
ください。
胃の不快感や症状がある場合には、若い方でも胃内視鏡検査を受けましょう。

当院の「内視鏡検査」の特徴についてはこちら >

料金表

検査項目 1割負担 2割負担 3割負担
胃内視鏡検査 約2,000円 約4,000円 約6,000円
胃内視鏡検査と病理組織検査 約3,000円 約6,000円 約9,000円

※すべて税抜きです

当院の「内視鏡検査」に興味をお持ちの方 お気軽にお問い合わせください