当院でできること

皆さんは内視鏡検査にどのようなイメージをお持ちですか?「痛そう」「苦しそう」といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
内視鏡に対するそんなイメージを払拭し、地域にお住まいの皆様に安心して受けて頂ける苦痛や不安の少ない内視鏡診療の実現を目指し、日々研鑽、努力を重ねております。
当院では、胃内視鏡検査大腸内視鏡検査のいずれも実施しており先進的な内視鏡検査機器を用いて高い精度の検査をご提供しております。
親身で温かな雰囲気も当院の自慢の一つですので、検査に対する小さな疑問やご不安等ありましたら、是非遠慮なくお声がけください。

田園調布中央病院の内視鏡検査の特徴

1.苦痛を押さえて楽に受けられる

麻酔で楽に検査を受けられる様子

患者さまが楽に検査を受けられるよう、痛み止めや麻酔を使用して、痛みや苦しさを感じにくい工夫をしています。当院の内視鏡検査は、ご希望があればうとうとした状態で受けていただけます。苦痛が少ないため毎年検査を受けやすく、がんの早期発見や予防につながっています。

2.すぐに治療が受けられる

すぐに治療・入院ができる

検査によって何らかの病変が見つかった場合、早期であればすぐに治療を行います。また、入院施設も備えていますので、1泊して治療を受けていただくことも可能です。当院で治療ができない場合は、速やかに専門の医療機関をご紹介します。検査後の治療まで迅速に対応できることが、当院の大きな強みです。

3.専門のスタッフによる安心と信頼

経験豊富な医師の在籍

昭和大学病院他、多数の症例数を誇る施設にて経験を積んだ医師(女性医師含む)、消化器内視鏡技師の資格を有する看護師が在籍し、熟練の技術と丁寧な介助で質の高い内視鏡医療をご提供します。

*「消化器内視鏡技師」とは、看護師や臨床検査技師など国家認定資格を有する者が、内視鏡の実務経験を2年以上積み、内視鏡技師研究会・講習会等の研修を受け、その上で学会認定試験(筆記試験および口頭試問)に合格した場合に認定される資格です。

その他にも・・・

鎮静剤を使用して「痛い」「苦しい」が解決できる理由

鎮静剤を使用するとウトウトとした状態で検査を受ける事が出来ます。この場合、気付いたら検査が終わっていたと感じる方が大半です。また、鎮静剤により患者さまの喉や体の力が抜けると内視鏡スコープの挿入や観察自体をスムーズに行う事が出来るため、検査の向上という面でもメリットもあります。

検査中は、常に血中酸素飽和度や脈拍のモニタリングによる全身管理をしっかり行っており、安心して受けていただけます。

当院では、患者さまのご希望を伺った上、年齢や既往歴等に合わせ安全な量の鎮静剤を使用しております。リラックスした状態で検査を受けていただく事ができますので、内視鏡検査に対して恐怖心があるという方もお気軽にご相談ください

炭酸ガス装置でお腹の張りを軽減

内視鏡検査は粘膜をすみずみまで確認することが不可欠です。シワやヒダがあると確認できない部分(検査の死角)ができてしまうため、検査中は送気して膨らませて観察を行います。一般的に空気を送り込むことが多いのですが、お腹の張りが検査後も長く残ってしまうという問題点がありました。

当院の内視鏡検査では、空気よりも約200倍吸収の早い炭酸ガス送気システムを取り入れ、検査後のお腹の張りを減らす工夫をしております。また、吸収された炭酸ガスは二酸化炭素として呼気で自然に排出されます。

高水準洗浄基準を満たした洗浄・消毒

内視鏡および内視鏡処置具の洗浄・消毒は、学会が定めるガイドラインを遵守し、組織を採取する処置具やマウスピースは使い捨てのものを採用しています。またスコープは患者様毎に専用の洗浄機を用い、洗浄・消毒を徹底し、安心して検査を受けて頂けるよう努めています。

検査結果は懇切丁寧にわかりやすく

検査後には、できるだけわかりやすく結果をお伝えすることを心がけており、画像をご覧いただきながら丁寧にお話しています。気になることがありましたら、なんでもご質問いただけます。なお、生検やポリープ切除など組織を採取した場合、その結果は後日改めて受診頂き、ご説明いたします。

当院の「内視鏡検査」に興味をお持ちの方 お気軽にお問い合わせください