あなたの飲み込みは大丈夫? -誤嚥性肺炎にならないために‐

誤嚥性肺炎は平成29年のデータでは死因の第7位を占める疾患となっています。食物や水分、唾液などが何らかの理由により気管に入っても、しっかりとムセや咳によって気管から排出した場合や、体の抵抗力が保たれている場合には、体に大きなダメージはありません。しかし、ムセヤ咳が弱く、排出が困難な場合や体の抵抗力が低下している場合には誤嚥性肺炎というものを引き起こします。誤嚥性肺炎を減少させるためには、口や舌、喉の動きを改善する必要があります。講座ではご自宅でもできる自主トレを皆様と一緒に行ってまいりますので、是非ご参加ください。

 

開催日
2019年3月26日(火)
時間
午前10:00~11:00
参加費
無料
定員
20名
会場
〒145-0071 東京都大田区田園調布2-62-3 TEL.03-5483-2011(代表)
※サンジェルマン タンドレス田園調布店さんの隣に田園調布支店直通のエレベーターがございますのでご利用ください
講師
田園調布中央病院 言語聴覚士 石井 一成
お申し込み・お問合せ
お電話または窓口で承ります(☎03-3721-7121代表)※公開講座のお申し込みとお伝えください
担当:総務課 中井
受付時間
平日 9:00~16:30 土曜日 9:00~12:00

 

☆地域医療公開講座ポスターはこちらをクリックしてください

☆今回のテーマが掲載されている広報誌はこちらをクリックしてご覧ください