各項目に関する集計条件および集計方法は、厚生労働省の指示のもと行われております。
DPCデータを使用し、下記の項目を算出いたしました。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計対象

  • 平成28年4月~平成29年3月退院患者様であり、一般病棟に1回以上入院した患者様
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者様又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外
    (自賠責、労災、自費等の患者様を除く)
  • 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第73号)』に規定)は集計対象外
  • 医科レセプトのみもしくは歯科レセプトありの患者様
  • ※患者数10未満の場合は―(ハイフン)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 20 48 54 83 193 298 472 553 219
一般病棟を退院した患者様の数を年齢階級別に集計しております。年齢の階級が上がる毎に退院患者数も多くなる傾向となっており、80代が最も多い患者数となります。特に、60代以上の占める割合が非常に多く、60代は全体の15.3%、70代は24.3%、80代は28.5%となっております。60代以上の患者様の全体に占める割合は、79.5%と約8割を占めています。高齢者の患者様が多い理由として、連携している高齢者施設が多いことが挙げられます。当院は、地域の医療を支える病院として地域の皆様に貢献できるよう努めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 35.13 21.25 16.98 87.15
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 28 19.46 12.43 3.57 84.79
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2なし 12 53.75 41.29 8.33 92
0400801499×001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROP スコア1 12 12.16 13.60 0 82.25
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 11 9.63 16.16 0 59.72
内科は、肺炎関連疾患が上位を占めております。特に、食物や唾液などの誤嚥によって引き起こされる誤嚥性肺炎の占める割合が最も多く、80歳を超える高齢者の方に多い傾向となっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 46 1.87 4.41 0 64.48
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 35 5.71 7.89 0 72.46
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし  35 6.86 7.44 0 71.97
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-7あり 副傷病なし 31 1.9 4.98 0 72.42
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等なし 26 7.42 7.24 0 47.73
外科は、呼吸器外科の医師1名、消化器外科の医師2名がおり、消化器系の検査・手術には非常に力を入れております。中でも、大腸・直腸・肛門などの下部消化器系疾患の治療には特に力を入れており、入院患者様も多くなっております。大腸・胃などの内視鏡による検査目的の入院も非常に多く受け入れております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 66 41.74 27.63 63.64 84.98
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 26 19.54 20.57 19.23 82.12
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 11 24.82 23.61 18.18 85.09
160760xx97xx1x 前腕の骨折 手術あり 副傷病あり - - 10.63 - -
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 副傷病なし - - 4.37 - -
整形外科は、股関節大腿近位骨折の患者様が最も多く、次に胸椎、腰椎の骨折となっております。大腿骨頸部骨折と呼ばれる股関節の骨折、胸椎・腰椎の骨折で入院される患者様はご高齢な方が多いのが特徴です。年齢を重ねるにつれ骨はもろくなり、ちょっと躓いて転んだだけでも骨折してしまうケースが多く見受けられます。当院では、股関節の骨折の治療に非常に力を入れており、早期手術・早期リハビリの実施をし、患者様が少しでも早く日常生活に復帰できるよう努めております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 16 1 7
大腸癌 - - - - 47 118 1 6,7
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - 20 1 7
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、癌の治療を受けられる患者様が安心して治療を受けられるよう、体だけでなく心のケアにも力を入れております。緩和ケアに積極的に取り組んでおり、年に数回、緩和ケアコンサートも実施しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 21 7.33 47.38
中等症 43 17.33 81.47
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
肺炎の重症度の低い患者様の年齢層は、比較的若い患者様に偏っており、平均在院日数も短い傾向にあります。やはり、高齢になればなるほど重症化する傾向があり、平均在院日数も長くなります。早期に診断し、早期治療に繋げることがとても大切です。また、予防接種を受けることも、重症化を防ぐ手段として大変有効です。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では、脳外科の常勤医師が不在の為、脳梗塞の急性期治療が必要な患者様の積極的な入院はできませんが、軽度な症例、経過観察の必要な症例、または急性期治療の、経過後のリハビリテーションの必要な患者様のお受入れは可能です。特に、リハビリテーションには力を入れておりますので、リハビリテーション目的での転院等のご相談も可能です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 10 3.4 5.3 0 59.7
k664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
k618 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
k654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
k664-2 経皮経食道胃菅挿入術(PTEG) - - - - -
内科では、肝硬変の患者様に対する胸水・腹水濾過濃縮再静注法が最も多くなっており、患者様の栄養状態を改善するための胃瘻造設術・中心静脈植込型カテーテルの設置と続いています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k721 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 157 0.29 1.16 0 67.62
k654 内視鏡的消化管止血術 13 1.08 16.69 15.38 73.08
k719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 13 2.92 15.62 0 72.23
k688 内視鏡的胆道ステント留置術 12 0.25 7.17 41.67 72.42
k672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 2.45 5.09 0 61
外科では、内視鏡による大腸のポリープ切除・粘膜切除手術が最も多くなっており、手術を受けられた多くの患者様が一泊二日でご退院されております。
患者様の身体への負担が少なく、比較的早期退院が見込める、内視鏡による手術、腹腔鏡による手術に力を入れております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k081 人工骨頭挿入術 59 3.88 36.88 61.02 85.19
k046 骨折観血的手術 35 2.57 19.23 34.29 66.69
k073 関節内骨折観血的手術 17 1.71 6.65 5.9 63.41
k048 骨内異物(挿入物)除去術 15 1.13 3.33 0 66.53
k065-2 関節内異物(挿入物を含む)除去術 14 0.93 2.21 0 57.64
整形外科では、大腿骨頸部骨折に対する、人工骨頭の挿入手術が最も多く行われております。また、その他の手術でも骨折に対する手術が上位を占めております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k282 水晶体再建術 184 0.02 0.77 1.09 76.53
k268 緑内障手術 - - - - -
k217 眼瞼内反症手術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科では、白内障に対する水晶体の再建手術が非常に多く行われています。患者様の状態に合わせ日帰りでの入院・手術も実施しており、日常生活への影響をできる限り減らせるよう心がけております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
合併症をすべてなくす、ということはできません。しかし、その発生の頻度を下げたり、ゼロに近づけられる様、当院では様々な取り組みを行っております。こちらに掲載した数値は、それらの発生頻度を数値化したもので、客観的な評価、改善点の検討などに利用しております。
(播種性血管内凝固症候群)
基礎疾患の影響等により、過剰な血液の凝固反応が起こり、体内の抗血栓制御機能が十分に働かなくなります。結果として、全身の血管内で血栓が多発し、出血傾向や臓器の不全などの要因となる病気です。
(敗血症)
肺炎や尿路感染などを主とした感染症から、病原体が血液中に入れ込み、結果として全身に重篤な症状をもたらす病気です。
(真菌症)
真菌とはカビのことです。この真菌が体内に定着し、感染を起こした状態が真菌症です。健康な人は通常真菌感染を起こすことはほとんどありませんが、病気により体の免疫機能が低下した状態になると感染を起こします。
(手術・術後の合併症)
手術や処置を行ったことに起因して起こる病気です。実際に手術を行う現場では、合併症にリスクを下げる為に様々な対策を行っております。
更新履歴
2017/09/28
平成28年度 病院指標を公開しました。