理事長挨拶

田園調布中央病院は昭和28年に開設して以来、地域に愛し愛される病院として地域密着型の質の高い安全な医療の提供してまいりました。当院はその理念を「支える医療を実施する」と謳い、この理念に基づき(1)救急・急性期医療に全力で取り組み、命を支える(2)地域の方々と共に地域医療へ貢献し、地域を支える、(3)疾病の早期発見・予防に努め、健康を支える、この3つの支える医療をモットーに患者さまの視点にたったきめ細やかで温かい心の通った医療を実践しております。
医療が急速に高度化、複雑化している中で、医師、看護師をはじめとするコメディカルの専門スタッフとチーム医療を行うことにより患者さまが安心して医療を受けられる環境を整えてまいります。そして積極的な救急車の受け入れ、また近隣の医療機関と地域医療連携を更に強化させて、皆様のご期待とご信頼に応えられるよう努力してまいります。

院長挨拶

田園調布中央病院は『高度な医療で 愛し愛される病院』を基本理念とし、地域に密着した、やさしく、あたたかな急性期病院として、患者さんの意志と権利を尊重した、思いやりのある、安全で確かな医療を迅速に提供します。
医療とは、患者さん、家族、医療スタッフの共同作業であるという原点に戻ります。医療現場では患者さんの立場や都合が最優先されるべきであり、患者さんのニーズに応える医療を、また、地域の先生方との連携を元に、地域に根ざした医療を目指します。
当院は、厚生労働省指定開放型病院、東京都指定二次救急医療機関であり、その責務を果たし、地域住民の皆様が安心できる医療を提供すべく、最新の機器を導入し、信頼されるスタッフをそろえ、日々、研鑽、努力を重ねております。